農地探しの難しさを痛感。。

りんご / 新規就農準備

農地探しは新規就農する人にとっての最大の障壁といわれています。

先日、地域のつながりで、紹介していただいた農地。
・自宅から至近で(徒歩1分くらい)、
・今後の
面積拡大の可能性がある
→めちゃくちゃ魅力的。
即答で「借りたい!」と返事をして、話を進めてもらっていました。

その話をいただいてから、
毎日のように、その圃場を見ては、
自分のりんご園地のレイアウトなどを考えて、
わくわくしていました。

(背景は違いますが、写真はわくわくしていたころの私。。)

でも。。。

ざっくり見た感じ、その農地には灌水用の給水管がなさそう・・?
(畑に水を引いてくる管のこと。安定して灌水できるのはとても重要です)
この辺の農地は大体設置されていると聞いていたのですが。。あれ?

気になったので、管理を統括されている機関に、
早速問い合わせてみたところ、やっぱり給水管は設置されてなさそう。
しかも、新たに設置するのも基本不可能だそうです。

念のため、その農地で給水管があるかどうか、
これから実地で確認させていただくように動いてみますが、
多分厳しそう。。

こういう話が初めてで、
めちゃくちゃテンションが上がっていただけに、
かなりショックな出来事でした。

ただ、紹介いただいた方がすでに動いてくださっているので、
お手数をおかけしないためにも、
借りたい!と思った農地は、一度落ち着いて現況をしっかり確認してから、
借りたいです!」とお返事するのが良いと学びました。

まだ少し時間の猶予あるので、
他に私に適した農地が見つかるよう、
まさに「人事を尽くして天命を待つ」状態で、
やれることは全部やっていきたいと思っています。

写真は収穫間近のりんご。
すでにかなり美味しそうですが、8月に出荷予定なので、
この1か月でさらに美味しくなっていきます。
早く初物のりんごが食べたいですね。

今日もよい1日でした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

私と私の周りの人たちが、充実した人生を送れるようにするため、
明日も自分がやれることをやりきる1日にします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました