新しいりんごの食べ方 ~シナノプッチという品種~

りんご / 栽培技術

皆さんはりんごを食べるときはどのように食べますか?

日本では、りんごを食べるとき、
多くの方は包丁で縦に4~8等分にカットされると思います。
皮をむくかどうかは好みが分かれるところだと思います。

一方、海外では丸かじりが主流だそうです。

正直、私はりんごを食べるとき、
包丁を出して、まな板の上でカットして、
皮をむいて、、という一連の流れが少しめんどくさい時があります。

りんごは大好きなので、その作業をしますが、
できることならば、みかんやぶどうのように、
そのまますぐに食べたい。

だから、りんごもそのまますぐに食べられるように、
「まるかじりでき、一人で食べきれるサイズで、
皮も薄くて、味も美味しいりんご」
があればよいなあと思っていました。

そんな私の気持ちに答えてくれそうな品種を、
先輩農家さんから教えていただきました!
それは「シナノプッチ」という品種。

丸かじりに適した大きさの品種で、
皮が薄く、味は酸味が少なく、甘みが強いのが特徴です。
色は深い赤。樹になっている姿もきれいです。

また、りんごを布で磨くと、ワックス層が光を反射して、
大きなサクランボみたいになるのも特徴的。

初めて食べてみたのですが、
酸味が少なく、甘みがあり、癖がなく、とても美味しいりんごでした。
基本的に自分が美味しいと思ったものしか食べない、
うちの娘の食いつきも違います。

今、自分の園地でりんごの品種を検討しているのですが、
この「シナノプッチ」という品種は、
ぜひ導入したいと考えています。
(自分が食べたいからという理由もあります笑)

今年は時期的に売り切れてしまっている所が多く、
スーパーなどではなかなか売っておらず、
直販サイトなどで見かける程度だと思いますが、
皆さんもどこかで見つけたら食べてみてくださいね。

今日もよい1日でした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
私と私の周りの人たちが、充実した人生を送れるようにするため、
明日も自分がやれることをやりきる1日にします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました