りんごの改植作業

りんご / 栽培技術

今日はりんご農家では珍しい、土まみれの1日でした。
仕事の内容は、昨年に伐採したりんごの樹の片づけ。

りんご農家では、収穫時期が集中しないように、
様々な品種を植え付けるのが普通です。

でも、いざ栽培するとコストが合わない/栽培がうまくいかないなどの理由で、
生育途中の樹を伐採して改植する(別の樹を植え替える)ことがあります。

場合によっては、その品種が赤字になっている場合もあるので、
できるだけ早めにに判断する必要があります。

<作業の流れ>
① バックホーでざっくり抜根する。
② 抜根した根の土を落として、数か所にまとめる。
③ 通路上の石を取り除く。(これをやらないと草刈り機の刃が欠ける!)
④ 植え付け予定場所の土をスコップでほぐす。
⑤ 植え付け予定場所に残っている小さな根を取り除く。

  
こうやって文章で書くとシンプルですが、
実際にやるとなると、結構な重労働。

黒ボク土が風で舞い、作業後には顔や手が真っ黒でした。
心地よい疲労感の中、ハイボールがおいしい1日でした。
 
りんご栽培はどうしても手作業でやらなければいけないことがあります。
機械化できるところとそうでないところ。

園地ごとに状況は異なるので、
自分の園地ではどのようなやり方が最適かを考え、
効率的な仕事ができるように工夫が必要
だと感じました。
 
今日もよい1日でした。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
私と私の周りの人たちが、充実した人生を送れるようにするため、
明日も自分がやれることをやりきる1日にします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました